K&H R1200GS R1200GSアドベンチャー ローシート 2006 R1200GSアドベンチャー:バイクブロス支店 - ace25

2019-02-05
カテゴリトップ > パーツ > 外装 > シート関連パーツ > シート
K&H R1200GS R1200GSアドベンチャー ローシート 2006 R1200GSアドベンチャーK&H
ローシート
年式:2006 適合車種:R1200GSアドベンチャー
メーカー品番:S-3103

●仕様
【シート高】
820mm / 840mm
(ADV装着時:830mm / 850mm)

ノーマルシートに準じて2段階の高さ調整が可能。
日本標準仕様の純正シートより20mmシート高が低くなり、足つきが良くなります。

●特徴
柔らかい黒のプレーンレザーを使用。縫い合わせのラインはステッチで仕上げています。

●備考
K&H製シートは、シートベースから専用設計し、独自の取り付けステーに変更することにより、足を下ろす部分がフレーム幅近くまで絞り込まれています。

更に、日本標準仕様の純正シートより20mmシート高が低くなっていますので、足つきも良くなり車体を支えやすくなります。
足を真っ直ぐに下ろすことが出来るので、咄嗟のときにも瞬時に足をつくことが出来るようになります。

純正シートに対し座面の傾斜を見直すことにより、着座位置の変更が容易です。
ニーグリップがし易くなるように、シートの前側の形状が工夫されています。
乗車位置、乗車姿勢も適正となり、長距離での身体の負担を軽減します。
座面の幅は広く、足を出す部分は細くすることにより、足つきが良く長距離でも快適なシートに仕上がっています。
小柄な体型の方やタンデムの機会が多く、足つきに不安のある方にもお勧めです。

●ご注意
※フレーム右側にもヘルメットホルダーのパイプがある年式の車輌は、パイプを5mm程度内側に曲げる必要があります。パイプは指で曲げられる程度の硬さです。
※バッテリー上のガソリンタンク後側書類挟み部分に、ETCが設置されていると、シートベースと干渉してシートの装着が出来ません。シート装着には、ETCを純正工具箱等への移設が必要になります。

●ご注文時注意
ご注文時にはお手数ですが必ず年式・モデル名のご連絡をお願いします。

●写真注意
※画像はイメージです。

車種年式型式・フレームNo.その他
R1200GS/ADV2004-2014

※その他の適合車種については、メーカーサイトなどをご覧ください。

K&H ケイアンドエイチ シート関連パーツ 外装
価格
83,916円 (税込 90,629 円)
※最安送料での配送をご希望の場合、注文確認画面にて配送方法の変更が必要な場合があります。
※離島・一部地域は追加送料がかかる場合があります。
取寄※在庫があれば2-3営業日で発送
個数 
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く

Design

Glóusでは、世界的に評価されている日本産と、
地中海産の赤珊瑚を厳選して使用。

専属デザイナーのコンセプトイメージに基づき、
熟練した国内の職人の手で、
一点一点心を込めて創り上げています。

Life Style

Glóusの厳選された真珠は、
日本産のアコヤ真珠とマベ真珠に加え、
白・黒・ゴールドの南洋真珠、中南米産の天然コンクパールを使用。

パーティーシーンなどで真珠を身に着けると、
主役を引き立たせるとともに肌を白く見せ表情がまろやかになります。

History

厄を除け福を招く宝石「珊瑚」

珊瑚は約2000年前に地中海で発見されたと言われています。その神秘的な色合いから、ローマ帝国の時代には厄除けのお守りとして用いられ、英国王室ではアン王女が安産のお守りとして身に着けていたと伝えられています。
日本には7~8世紀にシルクロードを経て伝わったとされており、「金・銀・珊瑚」と珍重され宝物の代名詞となりました。奈良正倉院には、聖武天皇が東大寺大仏開眼式に使用した珊瑚玉と珊瑚の原木が、現在も保管されています。
日本産の珊瑚は、江戸時代末期に土佐藩(高知県)で初めて発見されました。本格的な採取がスタートするのは明治以降ですが、良質な日本産の血赤珊瑚は最高級品として世界でも高く評価されています。
富の象徴であり、厄を除け福を招く宝石として、珊瑚は世界中で愛されています。

人類が初めて出会った宝石「真珠」

真珠は人類が初めて出会った宝石とされています。日本でもその歴史は古く、「古事記」にはすでに真珠が登場しています。
輸出品としても用いられたことから、日本は真珠の産地として世界に知られるようになりました。コロンブスも日本の真珠に憧れていたと言われています。
かつてもっとも美しいとされていた天然アコヤ真珠は、1万個のアコヤガイからひとつかふたつしか採れない、非常に貴重なものでした。
身に着けられるのは王侯貴族が中心で価格も高騰を続けていましたが、研究が進み天然と変わらない美しさの真珠が養殖できるようになりました。以後、多くの方がその輝きと美しさを楽しめるようになっています。

PAGE TOP