【送料無料】サンドビック スーパーUドリル 円筒シャンク(品番:880-D5200L50-04)『3348539』:セルフメイド - 76789

2018-11-15
カテゴリトップ > 切削・研磨工具 > 旋削・フライス加工工具 > ホルダー > ドリリングドリル
【送料無料】サンドビック スーパーUドリル 円筒シャンク(品番:880-D5200L50-04)『3348539』

特長

●スーパーUドリルです。
●入口で段階的に食い付くパーフェクトなバランス切削により、テーブル送りを最大2倍、加工穴精度向上します。
●ワイパーチップ適用により、優れた加工面粗さを実現可能です。

用途

●あらゆる被削材の穴あけ加工用。
●ドリル回転、ワーク回転どちらにも対応可能。

仕様

●ゲージチップ:880-0805W08H-P-GM
●Dc:52
●DMM:50
●l1s:249
●l3s:213
●l2:329
●l4:208
●半径方向の調整量(最大):0.5

ご注文前のご確認事項(必読)

※商品名後ろの品番のカッコ(「】」または、「』」)以降に記載されている文言は、商品名ではなく当店の店舗カテゴリの名称もしくは検索用テキストとなります。商品ご購入の際は、ページ下部に記載されている商品情報をよくご覧になったうえでお願いいたします。

※商品画像については代表画像など実際の製品と外観などが異なる場合がございます。
 あくまでも商品情報をご確認の上ご注文をお願いいたします。

※当店は土・日・祝日は営業しておりませんので、連休前のご注文の際は発送納期にご注意ください。
 例)金曜夜のご注文→翌週月曜の当店手配扱いとなります。

※「メーカー取寄品」の商品はメーカー在庫がない場合、お届け日数が表記の日数よりかかる場合がございますのでご了承ください。

※メーカー直送品で大型商品の場合、お荷物を車上渡し(荷降ろしや設置作業などは行いません)となります場合がございますので、予めご了承のほどお願いいたします。

※メーカー直送品で、送付先が個人宅の場合配送できない場合がございます。その場合、送り先の法人・企業名をいただくかご注文をキャンセルをさせていただくことがございます。予めご了承のほどお願いいたします。

サンドビック スーパーUドリル 円筒シャンク【880D5200L5004】『334-8539』ドリリングドリル
価格
99,232円 (税込 107,170 円)
※最安送料での配送をご希望の場合、注文確認画面にて配送方法の変更が必要な場合があります。
※離島・一部地域は追加送料がかかる場合があります。
レビューに協力をお願いします   
通常 2〜3営業日発送(土日祝除く)
※注文個数によりお届け日が変わることがあります。

個数 
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く

Design

Glóusでは、世界的に評価されている日本産と、
地中海産の赤珊瑚を厳選して使用。

専属デザイナーのコンセプトイメージに基づき、
熟練した国内の職人の手で、
一点一点心を込めて創り上げています。

Life Style

Glóusの厳選された真珠は、
日本産のアコヤ真珠とマベ真珠に加え、
白・黒・ゴールドの南洋真珠、中南米産の天然コンクパールを使用。

パーティーシーンなどで真珠を身に着けると、
主役を引き立たせるとともに肌を白く見せ表情がまろやかになります。

History

厄を除け福を招く宝石「珊瑚」

珊瑚は約2000年前に地中海で発見されたと言われています。その神秘的な色合いから、ローマ帝国の時代には厄除けのお守りとして用いられ、英国王室ではアン王女が安産のお守りとして身に着けていたと伝えられています。
日本には7~8世紀にシルクロードを経て伝わったとされており、「金・銀・珊瑚」と珍重され宝物の代名詞となりました。奈良正倉院には、聖武天皇が東大寺大仏開眼式に使用した珊瑚玉と珊瑚の原木が、現在も保管されています。
日本産の珊瑚は、江戸時代末期に土佐藩(高知県)で初めて発見されました。本格的な採取がスタートするのは明治以降ですが、良質な日本産の血赤珊瑚は最高級品として世界でも高く評価されています。
富の象徴であり、厄を除け福を招く宝石として、珊瑚は世界中で愛されています。

人類が初めて出会った宝石「真珠」

真珠は人類が初めて出会った宝石とされています。日本でもその歴史は古く、「古事記」にはすでに真珠が登場しています。
輸出品としても用いられたことから、日本は真珠の産地として世界に知られるようになりました。コロンブスも日本の真珠に憧れていたと言われています。
かつてもっとも美しいとされていた天然アコヤ真珠は、1万個のアコヤガイからひとつかふたつしか採れない、非常に貴重なものでした。
身に着けられるのは王侯貴族が中心で価格も高騰を続けていましたが、研究が進み天然と変わらない美しさの真珠が養殖できるようになりました。以後、多くの方がその輝きと美しさを楽しめるようになっています。

PAGE TOP