◎ODELIC LEDデスクライト T−Line ワイドタイプ LED一体型 クランプタイプ 昼白色 調光タイプ(100%-40%) 光束1800lm OT888006:わがと照明 - 04b6b

2018-11-07
カテゴリトップ > 照明器具 > スタンド > デスクスタンド > ODELIC(オーデリック)
◎ODELIC LEDデスクライト T−Line ワイドタイプ LED一体型 クランプタイプ 昼白色 調光タイプ(100%-40%) 光束1800lm OT888006
こちらの商品は外箱を開封された場合、返品交換を承ることは出来かねます。
(不良商品の場合は除く)
商品の品番・仕様等を充分にご確認頂いた上でご注文ください。
その他条件に付きましては支払・配送方法をご確認ください。

メーカー: ODELIC/オーデリック   

スイッチ付き:点灯→消・調光(100-40%)
アルミ(オフホワイト色)
コード3m付
巾900 長414 高634 2.2kg
光源寿命40,000時間
クランプタイプ(取付可能厚5mm-50mmまで)
光束:1800lm
消費電力:16.7W
演色性:Ra83
色温度:5000K
50/60Hz
100V

●お取り寄せ商品となりますので納期がかかる場合があります。


≪関連キーワード≫
広配光デスクライト 学習机 照明 デスクスタンド LED照明 2016年グッドデザイン
オフィス パーソナルベースライト シンプルデザイン



■特徴
アームを動かす必要のない広配光のデスクライト。
本製品は、節電のためベース照明を調光したオフィス空間や高天井等、空間全体の明るさが弱くても「十分な明るさ」とアームを動かす必要が無い「広い配光性能」により、机上面をしっかり照らすことが出来、最適なデスクワーク環境を提供します。
「2016 年度 グッドデザイン賞」を受賞






・作業内容や目的に合わせて、光量の調節が可能。


・フェードイン&アウト調光で、ストレスを和らげる点灯・消灯を実現。


・グレア防止プレート


・スリムな取付クランプ。

メーカー: ODELIC/オーデリック   

スイッチ付き:点灯→消・調光(100-40%)
アルミ(オフホワイト色)
コード3m付
巾900 長414 高634 2.2kg
光源寿命40,000時間
クランプタイプ(取付可能厚5mm-50mmまで)
光束:1800lm
消費電力:16.7W
演色性:Ra83
色温度:5000K
50/60Hz
100V




【送料無料】机上面全体を照らすデスクライト、誕生。
メーカー希望小売価格 オープン価格
価格
35,169円 (税込 37,982 円)
※最安送料での配送をご希望の場合、注文確認画面にて配送方法の変更が必要な場合があります。
※離島・一部地域は追加送料がかかる場合があります。
送付先について   
お取り寄せ
※注文個数によりお届け日が変わることがあります。

個数 
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く

Design

Glóusでは、世界的に評価されている日本産と、
地中海産の赤珊瑚を厳選して使用。

専属デザイナーのコンセプトイメージに基づき、
熟練した国内の職人の手で、
一点一点心を込めて創り上げています。

Life Style

Glóusの厳選された真珠は、
日本産のアコヤ真珠とマベ真珠に加え、
白・黒・ゴールドの南洋真珠、中南米産の天然コンクパールを使用。

パーティーシーンなどで真珠を身に着けると、
主役を引き立たせるとともに肌を白く見せ表情がまろやかになります。

History

厄を除け福を招く宝石「珊瑚」

珊瑚は約2000年前に地中海で発見されたと言われています。その神秘的な色合いから、ローマ帝国の時代には厄除けのお守りとして用いられ、英国王室ではアン王女が安産のお守りとして身に着けていたと伝えられています。
日本には7~8世紀にシルクロードを経て伝わったとされており、「金・銀・珊瑚」と珍重され宝物の代名詞となりました。奈良正倉院には、聖武天皇が東大寺大仏開眼式に使用した珊瑚玉と珊瑚の原木が、現在も保管されています。
日本産の珊瑚は、江戸時代末期に土佐藩(高知県)で初めて発見されました。本格的な採取がスタートするのは明治以降ですが、良質な日本産の血赤珊瑚は最高級品として世界でも高く評価されています。
富の象徴であり、厄を除け福を招く宝石として、珊瑚は世界中で愛されています。

人類が初めて出会った宝石「真珠」

真珠は人類が初めて出会った宝石とされています。日本でもその歴史は古く、「古事記」にはすでに真珠が登場しています。
輸出品としても用いられたことから、日本は真珠の産地として世界に知られるようになりました。コロンブスも日本の真珠に憧れていたと言われています。
かつてもっとも美しいとされていた天然アコヤ真珠は、1万個のアコヤガイからひとつかふたつしか採れない、非常に貴重なものでした。
身に着けられるのは王侯貴族が中心で価格も高騰を続けていましたが、研究が進み天然と変わらない美しさの真珠が養殖できるようになりました。以後、多くの方がその輝きと美しさを楽しめるようになっています。

PAGE TOP