MC-3+USB [ブラック] MUTEC[ミューテック]  USB デジタルオーディオ・マスタークロックジェネレーター:アバック - 09130

2019-02-04
カテゴリトップ > D/Aコンバーター、USB/DAC他 > D/Aコンバーター > USB-DAC
MC-3+USB [ブラック] MUTEC[ミューテック]  USB デジタルオーディオ・マスタークロックジェネレーター■主な特徴
○ USB-DAC を利用したPC オーディオやネットワークオーディオに最適 ・USB オーディオは通常のPCM ストリームだけでなくDoP(DSDAudio over PCM Frames) やDSD ネイティブ入力にも対応。※ USB ポートから受信したDSD/DoP 信号はPCM オーディオにリアルタイム変換され、5 系統のデジタルオーディオに同時出力します。 ・PCM は32bit/192kHz、DoP128、DSD256 までの入力が可能。 ・DDS(Direct Digital Synthesizer) 技術をベースにしたMUTEC 独自の「1G クロック テクノロジー」に更なる最適化を図ってアルゴリズムを高め、接続機器を超低ジッターのクロック信号で正確に同期。極めて高いレベルでデジタルオーディオ信号のリクロックが可能。 ・ルビジウムやセシウムの電子クロック、GPS による外部リファレンスの入力も可能で、スタジオクオリティのデジタルサウンド処理も可能。 ・標準的なワードクロック、Digidesign ProTools のスーパークロックと呼ばれるワードクロック×256 レートとハイエンドのインターフェースなどに使用される× 512 クロックレートを出力可能で、22.5792MHz および24.576MHz まで対応。ハイレゾを楽しむハイエンドのオーディオ愛好家やプロフェッショナルに質の高いサウンドを提供。 ○ USB アイソレーターとして機能し、高音質を実現 ・干渉によるノイズを排除するため、最先端のコンポーネントを採用したほか、USB セクションの電源をデジタルオーディオ回路と分離。ガルバニック絶縁されたUSB アイソレーターとして機能して、高周波干渉の影響を最小限に抑制しており、結果としてUSB ポートを搭載しながら最高グレードの音響性能を発揮することに成功しています。 ○ フォーマットコンバーターとしても機能 ・USB オーディオ・ストリームとAES3、AES3id、S/PDIF 間の双方向信号変換が可能で、フォーマットコンバーターとして複数のデジタルオーディオ機器を接続できます。USB ポートから受信したDSD/DoP 信号はPCM オーディオにリアルタイム変換され、5 系統のデジタルオーディオ出力に同時変換します。 ○ クロックディストリビューター機能も ・同一の信号を出力する2 系統がペアになった4 系統のワードクロック出力を搭載しており、デジタルオーディオを出力しながら一貫したクロック信号を同時に提供可能なクロックディストリビューターとしても機能。
(※)Windows PC を使用する際は、専用ドライバー「USB Audio Class 2.0 Driver」をインストールする必要があります。Macintosh は、インストール不要です。 Windows 10:32bit(× 86)/ 64bit(×64) Windows 8.1:32bit(× 86)/ 64bit(×64) Windows 8:32bit(× 86)/ 64bit(×64) Windows 7:32bit(× 86)/ 64bit(×64) Windows Vista:32bit(×86)/ 64bit(×64) USB 1.0/USB 2.0 Type I フォーマット(PCM 16bit、PCM 24bit、PCM 32bit、Float 32bit) ASIO、MME、DirectSound、WASAPI をサポート
■主な仕様
◆ USB入力&出力 ○ インターフェース USB-B×1 ○ フォーマット Type1 ○ 分解能 PCM 16 bit, PCM 24 bit, PCM 32 bit, FLOAT 32 bit ( USB 1.0 & USB 2.0) ○ PCMクロックレート USB 1.0: 44.1 kHz & 48.0 kHz ◆ USB 2.0: 44.1 kHz to 192.0 kHz ○ DSDクロックレート DSD64, DSD128, DSD256 ○ DoPクロックレート DoP64, DoP128 ◆ ワードクロック&1-10.0MHz入力 ○ インターフェース BNC×1、アンバランス型 ○ 入力インピーダンス 75Ω、200mV〜7.0V ○ フォーマット&分解能 ワードクロック、ワードクロック× 256、原子クロックまたはGPSクロックリファレンス ○ サンプリングレート 32.0 kHz〜192.0kHz, 1.0, 2.5, 5.0, 10.0MHz, 11.2896MHz, 12.2880MHz ◆ ワードクロック出力 ○ インターフェース BNC×1、アンバランス型 ○ 入力インピーダンス 75Ω、200mV〜7.0V ○ フォーマット&分解能 ワードクロック、ワードクロック× 256、スーパークロック ○ サンプリングレート 32.0 kHz〜192.0kHz ◆ デジタル音声入力 ○ AES3/11 入力 ・インターフェース XLR(メス型)×1、トランスバランス型 ・入力インピーダンス 110Ω、200mV〜7.0V ・サンプリングレート 32.0kHz〜192.0kHz ○ S/PDIF & AES3id入力 ・インターフェース BNC×1、アンバランス型 ・入力インピーダンス 75Ω、200mV〜7.0V ・サンプリングレート 32.0kHz〜192.0kHz ○ S/PDIF オプチカル入力 ・インターフェース Toslink×1、EIAJ RC-5720 ・サンプリングレート 32.0kHz〜192.0kHz ◆ デジタル音声出力 ○ AES3/11出力 ・インターフェース XLR3(オス型)×1、トランスバランス型、バッファ出力 ・出力インピーダンス 110Ω、3.5Vpp ・サンプリングレート 44.1kHz〜192.0kHz ○ AES3id出力 ・インターフェース BNC×1、アンバランス型、バッファ出力 ・出力インピーダンス 75Ω、1V ・サンプリングレート 44.1kHz〜192.0kHz ○ S/PDIF BNC出力 ・インターフェース BNC×1、アンバランス型、バッファ出力 ・出力インピーダンス 75Ω、0.5V ・サンプリングレート 44.1kHz〜192.0kHz ○ S/PDIFオプチカル出力 ・インターフェース Toslink×1、EIAJ RC-5720 ・サンプリングレート 44.1kHz〜192.0kHz ○ S/PDIF RCA出力 ・インターフェース コアキシャル×1(RCAメス型)、アンバランス型、バッファ出力 ・出力インピーダンス 75Ω、0.5Vpp ・サンプリングレート 44.1kHz〜192.0kHz ◆ 電源・寸法 ○ 形式 内蔵、スイッチング電源 ○ 入力電圧 AC100V、50/60Hz、10W ○ 寸法(突起物除く)・質量 W196×H42×D156mm、1.4kg

USB オーディオをリクロック。 デジタルオーディオの音質を格段に向上させる、マスタークロックジェネレーター。A&V、ホームシアター専門店アバックWEB- SHOPです。送料無料!
メーカー希望小売価格 オープン価格
価格
159,840円 (税込) 送料無料
お取り寄せ:納期お問い合わせ
※注文個数によりお届け日が変わることがあります。

数 
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く
この商品の配送方法
  • 宅配便

Design

Glóusでは、世界的に評価されている日本産と、
地中海産の赤珊瑚を厳選して使用。

専属デザイナーのコンセプトイメージに基づき、
熟練した国内の職人の手で、
一点一点心を込めて創り上げています。

Life Style

Glóusの厳選された真珠は、
日本産のアコヤ真珠とマベ真珠に加え、
白・黒・ゴールドの南洋真珠、中南米産の天然コンクパールを使用。

パーティーシーンなどで真珠を身に着けると、
主役を引き立たせるとともに肌を白く見せ表情がまろやかになります。

History

厄を除け福を招く宝石「珊瑚」

珊瑚は約2000年前に地中海で発見されたと言われています。その神秘的な色合いから、ローマ帝国の時代には厄除けのお守りとして用いられ、英国王室ではアン王女が安産のお守りとして身に着けていたと伝えられています。
日本には7~8世紀にシルクロードを経て伝わったとされており、「金・銀・珊瑚」と珍重され宝物の代名詞となりました。奈良正倉院には、聖武天皇が東大寺大仏開眼式に使用した珊瑚玉と珊瑚の原木が、現在も保管されています。
日本産の珊瑚は、江戸時代末期に土佐藩(高知県)で初めて発見されました。本格的な採取がスタートするのは明治以降ですが、良質な日本産の血赤珊瑚は最高級品として世界でも高く評価されています。
富の象徴であり、厄を除け福を招く宝石として、珊瑚は世界中で愛されています。

人類が初めて出会った宝石「真珠」

真珠は人類が初めて出会った宝石とされています。日本でもその歴史は古く、「古事記」にはすでに真珠が登場しています。
輸出品としても用いられたことから、日本は真珠の産地として世界に知られるようになりました。コロンブスも日本の真珠に憧れていたと言われています。
かつてもっとも美しいとされていた天然アコヤ真珠は、1万個のアコヤガイからひとつかふたつしか採れない、非常に貴重なものでした。
身に着けられるのは王侯貴族が中心で価格も高騰を続けていましたが、研究が進み天然と変わらない美しさの真珠が養殖できるようになりました。以後、多くの方がその輝きと美しさを楽しめるようになっています。

PAGE TOP