アルミサッシ 半外型 引き違い窓 15015 W1540*H1570 リクシル/トステム シンフォニーウッディー アルミサッシ 引違い窓:リフォームおたすけDIY - dfb84

2018-11-08
カテゴリトップ > 窓まわり商品 > サッシ全般 > 引違い(窓タイプ) > 複層ガラス > LIXIL/TOSTEM シンフォニーウッディー
アルミサッシ 半外型 引き違い窓 15015 W1540*H1570 リクシル/トステム シンフォニーウッディー アルミサッシ 引違い窓[セット内容]
枠+障子+複層硝子
[納期・在庫に関する注意事項]
メーカー発注後、在庫を確認してご連絡いたします。
[梱包状態・その他注意事項]
●硝子は障子に組み込んだ状態で発送しますが、枠、部品の組立は現地対応となります。
●その他オプションについてはお問い合わせください。
●確定金額は注文承諾メールにてお知らせいたしますので、必ずご確認ください。
●オプション選択項目の増減金額、送料等は自動計算・自動返信メールには反映されませんのでご注意ください。 ★取扱方法については、こちら→『サッシの取扱いについて』をご覧ください。

●商品のカラー、納まり詳細図は下記をご参照ください。



硝子タイプ

アングル説明






アルミサッシについて
 サッシ(サッシュ,sash:英語)は窓枠として用いられる建材、または窓枠を用いた建具であるサッシ窓そのものをサッシと呼ぶことも多い。
ほとんどのサッシは窓枠にガラスなどをはめ込んで使用するが、網戸についてはサッシに防虫網を貼って用いられる。

材質について、かつては木製やスチール製が多かったが、現在では樹脂が主で、次いでアルミ(アルミニウム合金)製、木製となっている。
アルミ製サッシは安価かつ、腐食に強く、加工が容易なことから広く用いられているが、
断熱性能が非常に悪いため、近年では結露の防止や保温性を重視した樹脂素材や樹脂とアルミの複合素材のサッシが使われるようになっている。

サッシの分類には大きく分けて「住宅用」と「ビル・マンション用」があり、両者は構造・規格・設置方法が大きく異なるので、サッシを選ぶ際は設置する躯体(構造体)を確認する必要がある。

各メーカーによりサッシはシリーズ化されており、代表的な住宅用サッシシリーズは下記の通り。

■LIXIL
レガリス
エルスターX
エルスターS
サーモスX
サーモス-H
サーモスL
シンフォニーウッディ/シンフォニーマイルド
デュオPG
デュオSG

■YKKAP
APW310/APW230/APW500/APW501/APW700
エピソード】エピソード Type S
エピソードウッド
エイピア J
フレミング J

■三協アルミ
アルジオ
マディオJ・M・P
スマージュ・トリプルスマージュ






[組立・梱包・送料]
送料無料
・但し離島、遠隔地(北海道、沖縄含む)は有料。

[お支払方法]
・銀行、郵便局、代引、コンビニ、クレジット等

[配送方法]
・宅配便

[納期・在庫状況]
・通常10営業日(土日祝除く)程度
・納期をご確認して別途ご連絡


アルミサッシ 引違い窓 15015 W1540*H1570 トステム シンフォニーウッディー
[送料無料!]アルミと樹脂を複合した高断熱アルミサッシ
価格
48,754円 (税込)
※最安送料での配送をご希望の場合、注文確認画面にて配送方法の変更が必要な場合があります。
※離島・一部地域は追加送料がかかる場合があります。
外観色   
内観色   
TS網戸   
室内窓枠取付用アングル   
硝子(mm)   
お届け先について   
車両の通行について   
5〜10営業日内に発送予定(特殊な仕様除く)
※注文個数によりお届け日が変わることがあります。

個数 
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く

Design

Glóusでは、世界的に評価されている日本産と、
地中海産の赤珊瑚を厳選して使用。

専属デザイナーのコンセプトイメージに基づき、
熟練した国内の職人の手で、
一点一点心を込めて創り上げています。

Life Style

Glóusの厳選された真珠は、
日本産のアコヤ真珠とマベ真珠に加え、
白・黒・ゴールドの南洋真珠、中南米産の天然コンクパールを使用。

パーティーシーンなどで真珠を身に着けると、
主役を引き立たせるとともに肌を白く見せ表情がまろやかになります。

History

厄を除け福を招く宝石「珊瑚」

珊瑚は約2000年前に地中海で発見されたと言われています。その神秘的な色合いから、ローマ帝国の時代には厄除けのお守りとして用いられ、英国王室ではアン王女が安産のお守りとして身に着けていたと伝えられています。
日本には7~8世紀にシルクロードを経て伝わったとされており、「金・銀・珊瑚」と珍重され宝物の代名詞となりました。奈良正倉院には、聖武天皇が東大寺大仏開眼式に使用した珊瑚玉と珊瑚の原木が、現在も保管されています。
日本産の珊瑚は、江戸時代末期に土佐藩(高知県)で初めて発見されました。本格的な採取がスタートするのは明治以降ですが、良質な日本産の血赤珊瑚は最高級品として世界でも高く評価されています。
富の象徴であり、厄を除け福を招く宝石として、珊瑚は世界中で愛されています。

人類が初めて出会った宝石「真珠」

真珠は人類が初めて出会った宝石とされています。日本でもその歴史は古く、「古事記」にはすでに真珠が登場しています。
輸出品としても用いられたことから、日本は真珠の産地として世界に知られるようになりました。コロンブスも日本の真珠に憧れていたと言われています。
かつてもっとも美しいとされていた天然アコヤ真珠は、1万個のアコヤガイからひとつかふたつしか採れない、非常に貴重なものでした。
身に着けられるのは王侯貴族が中心で価格も高騰を続けていましたが、研究が進み天然と変わらない美しさの真珠が養殖できるようになりました。以後、多くの方がその輝きと美しさを楽しめるようになっています。

PAGE TOP