Warwick / WB Thumb NT 5strings Ltd 2017 35th Anniversary Natural Satin ワーウィック【S/N E162402-17】【横浜店】:イシバシ楽器 17Shops - ca6f1

2019-01-03
カテゴリトップ > エレキベース > エレキベース > Warwick
Warwick / WB Thumb NT 5strings Ltd 2017 35th Anniversary Natural Satin ワーウィック【S/N E162402-17】【横浜店】
全世界50本、国内入荷8本のWarwick 35周年 Anniversaryモデルが入荷!!
1982年の創立以来、Streamer、Thumb Bass、Corvette等独自のボディーシェイプやアイデアを反映したベースを発表し続け、モダンベースの代表ブランドとして君臨するWarwick(ワーウィック)

ブランドコンセプト「The Sound Of Wood」を体現する製品達は、密度が高く硬質な木材が使用されており、豊かでレスポンスの良いサウンドをアウトプットします。
数あるベースブランドの中で、今日まで注目され続ける存在となったのはその「木材本来のサウンド」とユーザー側に立った「独自のシステム」を実現したことに他なりません。

Warwickではこれまで節目に記念モデルを製作しており、30周年にはStreamerを元にしたモデルが発売されましたが、
創立35周年に当たる2017年、遂にブランドを象徴する「Thumb Bass」のAnniversaryモデルが発売となりました。
Custom Shop製およびGermany Pro製で製作され、それぞれ4,5弦のバリエーションがございます。

当モデルはWarwick Bass最高グレードモデルとなるCustom Shop Masterbuiltグレードの一本。
Custom Shop製品にはヨーロッパ随一の木材貯蔵量を有するWarwickの中でも特に良質な木材のみをSelect&Stockした「Custom Shop専用木材庫」の木材が使用されます。
通常の楽器メーカーは既にスライスされた木材を購入するのに対し、Warwickでは成人男性の身長程もある丸太をそのまま購入し、加工しております。
その中でも特に良い木材が選定されるのがCustom Shopというとその量感や良質さをお分かり頂けますでしょうか。

極上の素材をふんだんに用いて作られた当モデル。
樹木の節コブという意を持ち、渦のような杢目を持つBurl(バール)の中でも、特に良質で輪郭があるHighly Figured Maple BurlをTop&Headに、
Burl材とのベストマッチであるMahoganyに乾燥・加熱工程を増やしよりビンテージサウンドに近づけたDry Aged MahoganyをBackに採用。
Body形状は現在の少し厚めのシェイプではなく、1984年発売当初のようなOld Styleの薄めなシェイプが特別に採用されています。

NeckにはWarwick伝統のWengeと硬質でネック材としてなじみのあるMapleをラミネートしたスルーネック仕様。
多層構造によってベースに必要な硬質で引き締まったサウンドを生み出すと共に、より安定したネック強度と安定性が期待できます。
また、12フレット以降にSteel製のBarが埋め込まれており、ハイ起き等のネックトラブルを未然に防いでいる点もポイントでしょう。
指板には不規則に入り組んだStripe状の杢目が印象的なMarble Tigerstripe Ebony fingerboardが採用されています。
加えて、記念モデルということでNeckシェイプにもこだわりを持って製作されており、通常のThumb Bassよりも薄く握りやすいUltra Thin Shapeが採用されています。

Pickup&Preampには、EMG製Active J Type PickupとMEC製1984年Preampのレプリカモデルを採用。
1984年のThumb Bass発売当時の仕様を再現した、ビンテージThumb Bassさながらのサウンドをお楽しみ頂ける仕様となっております。

Bronzフレット、高さ調節の可能なBrassナットを搭載しているのはCustom Shopではおなじみ。
Gold HardwareやInlayがさりげなくAvalonとなっている点に加え、2016年からCS製モデルに採用された木製バックパネルや指板とマッチングさせた木製チューニングペグも高級感がございます。
ヘッド裏には創設者であり現CEOであるHans Peter Wilferの直筆サインが記されております。

当モデルではならではの良質な木材を贅沢に使用した外観の高級感だけでなく、
ビンテージThumb Bassに近づけたBody&Neck Shape、PU&Preamp等、Warwickの当モデルへの意気込みを感じられる、まさにAnniversary Modelにふさわしい一本。
当社入荷個体は全て、各店ベース担当スタッフが選定会にて勝ち取った「選定品」となります。是非、お早めにご検討下さいませ。

主な仕様

Matched HeadstockMatched Highly Figured Maple Burl
MachineheadsWarwick Machine Heads with wooden knobs
NutJust-A-Nut III Brass
Neck WoodUltra Thin Wenge 5pcs Lamination with Maple Stripes
FretboardMarble Tigerstripe Ebony fingerboard
InlayAbalone Dots
Scale length34" (long scale)
Fret quantity material and size26 Jumbo Bronze (extra hard) frets (width: 2.9 mm / height: 1.3 mm)
Body ShapeCurved old style Thin Body Shape
Bodywood (Topwood / Backwood)Highly Figured Maple Burl with dry aged Mahogany Body
PickupsActive EMG LJ neck and active EMG LJ bridge Electronics:Original 2-way MEC replica electronic from 1984
Pot layoutVolume (Without Push-pull) / Balance / Treble Bass stacked
Bridge system2-piece solid Brass Warwick Bridge
ConstructionHidden neckthrough
Color PossibilitiesNatural Dirty BlondeTransparent Satin
Hardware colourGold hardware
Each instrument is personally signed by Warwick Founder Hans Peter Wilfer
Warranty1Year
WithUser Kit,Starline RockBag
■保証:1年
■シリアルナンバー:E162402-17
■重量:4.08kg

UD20170527

【35THUMB】

全世界50本、国内入荷8本のWarwick 35周年 Anniversaryモデル!
価格
708,480円 (税込) 送料別
2〜5日で発送予定、お取寄せ時別途ご案内
個数 
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く
この商品の配送方法
  • 宅配便

Design

Glóusでは、世界的に評価されている日本産と、
地中海産の赤珊瑚を厳選して使用。

専属デザイナーのコンセプトイメージに基づき、
熟練した国内の職人の手で、
一点一点心を込めて創り上げています。

Life Style

Glóusの厳選された真珠は、
日本産のアコヤ真珠とマベ真珠に加え、
白・黒・ゴールドの南洋真珠、中南米産の天然コンクパールを使用。

パーティーシーンなどで真珠を身に着けると、
主役を引き立たせるとともに肌を白く見せ表情がまろやかになります。

History

厄を除け福を招く宝石「珊瑚」

珊瑚は約2000年前に地中海で発見されたと言われています。その神秘的な色合いから、ローマ帝国の時代には厄除けのお守りとして用いられ、英国王室ではアン王女が安産のお守りとして身に着けていたと伝えられています。
日本には7~8世紀にシルクロードを経て伝わったとされており、「金・銀・珊瑚」と珍重され宝物の代名詞となりました。奈良正倉院には、聖武天皇が東大寺大仏開眼式に使用した珊瑚玉と珊瑚の原木が、現在も保管されています。
日本産の珊瑚は、江戸時代末期に土佐藩(高知県)で初めて発見されました。本格的な採取がスタートするのは明治以降ですが、良質な日本産の血赤珊瑚は最高級品として世界でも高く評価されています。
富の象徴であり、厄を除け福を招く宝石として、珊瑚は世界中で愛されています。

人類が初めて出会った宝石「真珠」

真珠は人類が初めて出会った宝石とされています。日本でもその歴史は古く、「古事記」にはすでに真珠が登場しています。
輸出品としても用いられたことから、日本は真珠の産地として世界に知られるようになりました。コロンブスも日本の真珠に憧れていたと言われています。
かつてもっとも美しいとされていた天然アコヤ真珠は、1万個のアコヤガイからひとつかふたつしか採れない、非常に貴重なものでした。
身に着けられるのは王侯貴族が中心で価格も高騰を続けていましたが、研究が進み天然と変わらない美しさの真珠が養殖できるようになりました。以後、多くの方がその輝きと美しさを楽しめるようになっています。

PAGE TOP