印傳屋 印伝屋 エトルス ETORCE ショルダー(8302)(ET-2)無料ラッピング承ります 送料無料【レディースバッグ/ショルダーバッグ】:野佐和倶楽部 - 1a922

2018-11-03
カテゴリトップ > ブランド(メーカー)で選ぶ > 印傳屋(いんでんや)(印伝)
印傳屋 印伝屋
エトルス ETORCE ショルダー(8302)(ET-2)
無料ラッピング承ります 送料無料【レディースバッグ/ショルダーバッグ】
ギフト対応

永遠に伸びゆく力を意匠化した
印傳屋オリジナルブランド【エトルス】シリーズ。
伝統の七宝繋ぎ文様をアレンジして更紗と漆で
立体的に表現。ボタニカルシルエットを浮かび
上がらせた上品で深みのある逸品です。

サイズ
約20×34×11cm
仕様
口前はファスナーです。背胴にファスナーポケット1つ
内にファスナーポケット1つとオープンポケット2つ
ペットボトルポケット1つ。ショルダー紐は取り外し可能
手紐は手提げとセミショルダーの2wayタイプ
素材
鹿革・漆・金具等
≪日本製≫
取扱いの
ご注意と
お願い
●陰室にて完全に乾燥させているので、漆に よるカブレはほとんどありませんが、体質等により、ごくまれにカブレが生じることがあります。その場合は使用を中止して、医師にご相談ください。
●鹿革は汗や汚れがしみこみやすく、汚れな ど取れにくい性質があります。
●雨や水に濡れると風合いが変化したり、衣服へ色移りすることがあります。
お手入れ
方法
●濡れた場合はこすらずに、乾いた布で軽くたたいて水分をとり、陰干にしてください。
●ベンジン、クリーナー、ワックスでの汚れ落 としやツヤ出しはなさらないように、ご注意ください。




『久留米絣』専門店【藍暦】の【ポケットティッシュケース】。
強くしなやかな【久留米絣】と伝統の縫製技術で長い間ご愛用いただけるシンプルお洒落な逸品です。
※1注文につきポケットティッシュケース1個となります。



永遠に繋がる力を。
【ETORCE-エトルス】は豊かな未来へどこまでも
永遠に伸びゆく力を意匠化した 印傳屋オリジナルブランドです。


エレガントで上品な雰囲気の【エトルス】ショルダーバッグ




▲ バッグ・財布など種類いろいろ≪エトルス シリーズ≫







◆無料ギフトラッピング承ります










永遠に繋がる力を。印傳屋ブランド【エトルス】シリーズ
◆今なら!5,000円以上お買い上げでおまけ特典プレゼントキャンペーン中!
価格
62,000円 (税込 66,960 円)
※最安送料での配送をご希望の場合、注文確認画面にて配送方法の変更が必要な場合があります。
※離島・一部地域は追加送料がかかる場合があります。
ラッピングする   
◆ご予約にて承り(納期後程ご連絡)
※注文個数によりお届け日が変わることがあります。

個数 
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
 
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く

Design

Glóusでは、世界的に評価されている日本産と、
地中海産の赤珊瑚を厳選して使用。

専属デザイナーのコンセプトイメージに基づき、
熟練した国内の職人の手で、
一点一点心を込めて創り上げています。

Life Style

Glóusの厳選された真珠は、
日本産のアコヤ真珠とマベ真珠に加え、
白・黒・ゴールドの南洋真珠、中南米産の天然コンクパールを使用。

パーティーシーンなどで真珠を身に着けると、
主役を引き立たせるとともに肌を白く見せ表情がまろやかになります。

History

厄を除け福を招く宝石「珊瑚」

珊瑚は約2000年前に地中海で発見されたと言われています。その神秘的な色合いから、ローマ帝国の時代には厄除けのお守りとして用いられ、英国王室ではアン王女が安産のお守りとして身に着けていたと伝えられています。
日本には7~8世紀にシルクロードを経て伝わったとされており、「金・銀・珊瑚」と珍重され宝物の代名詞となりました。奈良正倉院には、聖武天皇が東大寺大仏開眼式に使用した珊瑚玉と珊瑚の原木が、現在も保管されています。
日本産の珊瑚は、江戸時代末期に土佐藩(高知県)で初めて発見されました。本格的な採取がスタートするのは明治以降ですが、良質な日本産の血赤珊瑚は最高級品として世界でも高く評価されています。
富の象徴であり、厄を除け福を招く宝石として、珊瑚は世界中で愛されています。

人類が初めて出会った宝石「真珠」

真珠は人類が初めて出会った宝石とされています。日本でもその歴史は古く、「古事記」にはすでに真珠が登場しています。
輸出品としても用いられたことから、日本は真珠の産地として世界に知られるようになりました。コロンブスも日本の真珠に憧れていたと言われています。
かつてもっとも美しいとされていた天然アコヤ真珠は、1万個のアコヤガイからひとつかふたつしか採れない、非常に貴重なものでした。
身に着けられるのは王侯貴族が中心で価格も高騰を続けていましたが、研究が進み天然と変わらない美しさの真珠が養殖できるようになりました。以後、多くの方がその輝きと美しさを楽しめるようになっています。

PAGE TOP