アイバワークス NOSELDA-I ミドルデッキ 幅:1200 長:1.2m 固定脚:標準 ミツビシ パジェロ V40系 ミッドルーフ:オートパーツエージェンシー - 636cc

2018-11-01
カテゴリトップ > 車パーツ > その他メーカー > メーカー名:A > アイバワークス/AIBAWORKS
アイバワークス NOSELDA-I ミドルデッキ 幅:1200 長:1.2m 固定脚:標準 ミツビシ パジェロ V40系 ミッドルーフAIBAWORKS ルーフラック ステンレスルーフラック ステンレス ラックボディ ヘビーデューティー ノセルダ ノセルダ1 ノセルダI NOSELDA-1 三菱 MITSUBISHI 三菱自動車 あいばわーくす automobile motorcar オートモービル モーターカー カー 車 自動車 車両

詳細画像

ステンレスボディで、コーナー部まで使いきる効率の良い積載性能が特徴。
ラック長を6タイプ、ラックボディ高を2タイプ用意しました。
ベーシックモデルにふさわしいルーフラックです。

ノセルダの特徴

■サイドフレーム/エンドフレーム/コーナーピラー
錆にくい金属として知られるステンレス製のルーフラックではサイド・エンドフレームに、強靭な粘り強さと美しい輝きのステンレス材を使用。
ステンレスの強度を利用して、板厚を薄くすることによって、アルミ製ルーフラックと同等の重量に抑えています。

■メインアンダーフレーム/サブアンダーフレーム
ルーフラックの床面を支えるメイン・サブアンダーフレームには高強度を発揮するアルミ押出成形(6063-T5材)の中空ボックス構造を採用。複雑に設計された断面構造が最大の強度を生み出します。
表面処理にはシルバーアルマイト加工+クリアコーティングを施し、耐食性を高めています。

■床板
積載の安定性を高め、ラック上での作業に重宝する床板は全シリーズ標準装備です。
アルミ押出成形材(6063-T5材)を使用していますので、強度にも優れ、また目すき構造のため、ラック本体の強度をさらに高めています。

※1.6m,2.0m専用フレーム

ラックフレーム幅:1200サイズ
ラック長:1.2m
固定脚:標準

商品の詳細な情報については、メーカーサイトでご確認ください。

こちらの商品は適合確認が必ず必要です。
カートに入れた後、注文フォームの備考欄に車輌情報をご入力ください。
車輌情報がありませんと、再度車輌情報をお伺いする場合もあり発送にお時間がかかりますのでご協力の程宜しくお願いいたします。

価格
70,200円 (税込)
※最安送料での配送をご希望の場合、注文確認画面にて配送方法の変更が必要な場合があります。
※離島・一部地域は追加送料がかかる場合があります。
取寄品:納期確認後に発送(欠品の場合有)
個数 
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く

Design

Glóusでは、世界的に評価されている日本産と、
地中海産の赤珊瑚を厳選して使用。

専属デザイナーのコンセプトイメージに基づき、
熟練した国内の職人の手で、
一点一点心を込めて創り上げています。

Life Style

Glóusの厳選された真珠は、
日本産のアコヤ真珠とマベ真珠に加え、
白・黒・ゴールドの南洋真珠、中南米産の天然コンクパールを使用。

パーティーシーンなどで真珠を身に着けると、
主役を引き立たせるとともに肌を白く見せ表情がまろやかになります。

History

厄を除け福を招く宝石「珊瑚」

珊瑚は約2000年前に地中海で発見されたと言われています。その神秘的な色合いから、ローマ帝国の時代には厄除けのお守りとして用いられ、英国王室ではアン王女が安産のお守りとして身に着けていたと伝えられています。
日本には7~8世紀にシルクロードを経て伝わったとされており、「金・銀・珊瑚」と珍重され宝物の代名詞となりました。奈良正倉院には、聖武天皇が東大寺大仏開眼式に使用した珊瑚玉と珊瑚の原木が、現在も保管されています。
日本産の珊瑚は、江戸時代末期に土佐藩(高知県)で初めて発見されました。本格的な採取がスタートするのは明治以降ですが、良質な日本産の血赤珊瑚は最高級品として世界でも高く評価されています。
富の象徴であり、厄を除け福を招く宝石として、珊瑚は世界中で愛されています。

人類が初めて出会った宝石「真珠」

真珠は人類が初めて出会った宝石とされています。日本でもその歴史は古く、「古事記」にはすでに真珠が登場しています。
輸出品としても用いられたことから、日本は真珠の産地として世界に知られるようになりました。コロンブスも日本の真珠に憧れていたと言われています。
かつてもっとも美しいとされていた天然アコヤ真珠は、1万個のアコヤガイからひとつかふたつしか採れない、非常に貴重なものでした。
身に着けられるのは王侯貴族が中心で価格も高騰を続けていましたが、研究が進み天然と変わらない美しさの真珠が養殖できるようになりました。以後、多くの方がその輝きと美しさを楽しめるようになっています。

PAGE TOP