【江戸錦鯉】【4m】【8点 鯉5匹 】瑞祥吹き流し錦鯉 鯉のぼり 大型セット【送料無料】:森景(もりけい) - dcaad

2018-11-16
カテゴリトップ > 鯉のぼりセット > 本格タイプ
【江戸錦鯉】【4m】【8点 鯉5匹 】
瑞祥吹き流し
錦鯉 鯉のぼり 大型セット
【送料無料】
《天 手描き本染め鯉のぼり》
◎吹流しは浪千鳥吹流しになります。
◎天然綿素材のためサイズは若干の差異があります。
◎この商品にポールは付いていません。
  こちらのポールよりお買い求め頂けます。
◎桐箱(小)
◎矢車の素材はステンレスになります。



祝いの飾り 鯉のぼり
鯉は出世魚。鯉が滝をのぼると龍になるという中国の故事から「登龍門」の言葉と共にめでたい魚とされてきました。
鯉のぼりは、玄関前に幟や吹流しを立てて祝ったことにはじまります。江戸の中ごろには、武士の幟に対抗して、町人の間で紙や木綿などの鯉幟が盛大に飾られ、以来、男子の無事成育を祈る祝いの風習として現代にいたるまで連綿と続けられています。





こどもたちの御守り、めでたい瑞祥吹流し
東の青龍、西の白虎、南の朱雀(鳳凰)、北の玄武(蛇と亀の合体の姿)は、四神と言われ、紀元前中国より、人々の禍いを取り除く聖なる動物として伝えられてきました。有名な高松塚古墳の壁画や薬師如来座像(国宝)の台座にもこの四神はしるされています。
また、青龍の青は理性、白虎の白は神聖、朱雀の赤は成長、玄武の黒は力、という意味が込められたのです。その中央には最も高貴な色・黄色が光明とすべての季節を象徴する存在として輝いていました。
これら五色が揃って、はじめて調和が生まれるという五行思想は日本に伝来され、吹流しの五色もこれに由来したものだと言われています。「瑞祥吹流し」は青龍、白虎、朱雀、玄武、中央に日輪(太陽)の紋様を美しく配した、お子様の御守りとなるめでたい吹流しです。お子様の成長を祈念するにふさわしい伝統の色と意匠。どうぞ青空高くお揚げ下さい。







【江戸錦鯉】【4m】【8点】錦鯉 鯉のぼりセット【送料無料】
江戸錦鯉 鯉のぼりセット内容(4m8点タイプ)
黒鯉 赤鯉 青鯉 緑鯉 紫鯉 吹流し 矢車 ロープ
4m 3m 2m 1.5m 1.2m 4m 0.5m 20m




ポール別売 本格こいのぼりセット 
★レビュー特典あり

価格
89,400円 (税込 96,552 円)
※最安送料での配送をご希望の場合、注文確認画面にて配送方法の変更が必要な場合があります。
※離島・一部地域は追加送料がかかる場合があります。
★着後レビュー投稿で特典プレゼント!(確認後の別送)   
取り寄せのため2-3営業日後発送
個数 
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
 
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く

Design

Glóusでは、世界的に評価されている日本産と、
地中海産の赤珊瑚を厳選して使用。

専属デザイナーのコンセプトイメージに基づき、
熟練した国内の職人の手で、
一点一点心を込めて創り上げています。

Life Style

Glóusの厳選された真珠は、
日本産のアコヤ真珠とマベ真珠に加え、
白・黒・ゴールドの南洋真珠、中南米産の天然コンクパールを使用。

パーティーシーンなどで真珠を身に着けると、
主役を引き立たせるとともに肌を白く見せ表情がまろやかになります。

History

厄を除け福を招く宝石「珊瑚」

珊瑚は約2000年前に地中海で発見されたと言われています。その神秘的な色合いから、ローマ帝国の時代には厄除けのお守りとして用いられ、英国王室ではアン王女が安産のお守りとして身に着けていたと伝えられています。
日本には7~8世紀にシルクロードを経て伝わったとされており、「金・銀・珊瑚」と珍重され宝物の代名詞となりました。奈良正倉院には、聖武天皇が東大寺大仏開眼式に使用した珊瑚玉と珊瑚の原木が、現在も保管されています。
日本産の珊瑚は、江戸時代末期に土佐藩(高知県)で初めて発見されました。本格的な採取がスタートするのは明治以降ですが、良質な日本産の血赤珊瑚は最高級品として世界でも高く評価されています。
富の象徴であり、厄を除け福を招く宝石として、珊瑚は世界中で愛されています。

人類が初めて出会った宝石「真珠」

真珠は人類が初めて出会った宝石とされています。日本でもその歴史は古く、「古事記」にはすでに真珠が登場しています。
輸出品としても用いられたことから、日本は真珠の産地として世界に知られるようになりました。コロンブスも日本の真珠に憧れていたと言われています。
かつてもっとも美しいとされていた天然アコヤ真珠は、1万個のアコヤガイからひとつかふたつしか採れない、非常に貴重なものでした。
身に着けられるのは王侯貴族が中心で価格も高騰を続けていましたが、研究が進み天然と変わらない美しさの真珠が養殖できるようになりました。以後、多くの方がその輝きと美しさを楽しめるようになっています。

PAGE TOP